2018年11月30日金曜日

【NEWS】2018年11月30日、サンボIOC暫定承認される!

11月30日、国際オリンピック委員会(IOC)は東京で開かれた理事会で、国際サンボ連盟(FIAS)を3年間の期限付きで暫定承認した。

同日、トーマスバッハIOC会長よりワシリーシェスタコフFIAS会長宛に歓迎の書簡が送られた。

シェスタコフFIAS会長は、「本日、サンボはIOCの暫定承認を受けた。世界中のサンビストの夢がかなった!」と声明を出した。

今後、当連盟はFIASと歩調を合わせ国際連盟のIOC総会での正式承認、サンボのオリンピック競技入りを目指す。

バッハIOC会長からシェスタコフFIAS会長宛の書簡
国際サンボ連盟提供
書簡PDF

2018年11月27日火曜日

【大会情報】2019年2月10日(日)開催、2019プーチン大統領杯 第45回全日本サンボ選手権大会要項【申込締切日:2019年1月31日(木)必着 】

2019プーチン大統領杯 
第45回全日本サンボ選手権大会
       
【大会要項】

主催 一般社団法人 日本サンボ連盟
主管  プーチン大統領杯全日本サンボ選手権大会実行委員会
後援 在日ロシア連邦大使館
期日  2019年2月10日(日)
 体育館開館・選手受付 9:00
 審判・監督会議    9:30 
 開会式        10:00
 試合開始       開会式後
会場 墨田区総合体育館 
 所在地:墨田区錦糸4-15-1 錦糸公園内
 電話:03-3623-7273
 アクセス:最寄駅 錦糸町駅より徒歩3分
 錦糸公園内駐車場利用時間:5:30から23:00まで

1 ルール
 国際サンボ連盟(FIAS)ルールにて行うが、以下ローカルルールを採用する。
 (1)トーナメント方式で実施し敗者復活戦、3位決定戦は行わない。 
 (2)試合時間 男子 準決勝まで4分/決勝5分  女子 4分
 (3)抽選および組み合わせは当連盟の責任において行う。
 (4)シューズはサンボシューズのみを認める。ただし、色は問わない。
 (5)ショーツは膝上丈で、ポケットのないものを着用すること。色はジャケット同様コーナー色(赤または青)に合わせること。
 (6)女子はサンボ用具の他、白いTシャツとスポーツ用インナーを着用すること。
 (7)そのほか、当連盟が定めるところによる。
 ※大会期日までにFIASルールが変更された場合は、当連盟ブログ(https://japan-sambo.blogspot.com/)で告知する。

2 階 級 
 シニアの部:2000年以前に生まれた者。(18歳以上)
 男子 52、57、62、68、74、82、90、100、+100kg級【9階級】
 女子 48、52、56、60、64、68、72、80、 +80kg級 【9階級】

3 計 量
 (1)前日計量 2月9日(土)受付18:00 計量18:00~19:00 (60分間)
 (2)当日計量 2月10日(日)受付9:00  計量9:00~9:30 (30分間)
 (3)計量場所 墨田区総合体育館内指定場所にて行う。
 ※時間内に限り、回数は定めない。
 ※女子は、短パン、Tシャツを着用することとし、1㎏オ-バーを認める。
 ※計量時に顔写真入りの本人確認書類(マイナンバー、パスポート、運転免許証、学生証等)を持参のこと。

4 参加資格
 (1)当連盟の本年度(2018年度)選手登録が済んでいること。
 (2)申込締切日までに申込み、年間登録料・参加料を納入していること。
 (3)スポーツ安全保険等傷害保険に加入していること。
 (4)FIASの衛生規定に適合しており、健康かつ感染症が無いこと。

5 表 彰
 (1)各階級1位から3位までの選手に賞状及びメダルを授与する。
 (2)最優秀選手男子1名・女子1名に賞状及びカップを授与する。
 副賞として、世界選手権大会、ワールドカップ、アジア選手権大会のいずれかに出場する場合、遠征補助金として10万円を1回支給する。
 ※上記の複数の国際大会に出場した場合も支給は10万円を1回とする。また、上記国際大会に出場しない場合は支給しない。

6 申し込み
(1)下記を大会事務局に郵送またはオンラインフォームから送付のこと。
 大会参加申込書兼誓約書 ※当連盟ブログからダウンロード可
 郵送先:〒114-0004 東京都北区堀船1-17-11-201
 全日本サンボ選手権大会事務局
 ※オンラインフォームのURLは当連盟ブログで告知する。
 ※オンラインフォームからの申し込みの場合、大会参加申込書兼誓約書の郵送を不要とする。ただし、大会当日同書を持参提出すること。
(2)大会参加費 エントリー1階級 3,000円 
(3)年間登録費について  選手登録は、サンボの普及発展に寄与するために、本連盟の所属においてその名誉を守り、選手資格を確保することを目的として、義務付けている。
 2018年度年間登録費(4月~3月)1,000円 
 ※新規・再発行登録カードの受け渡しは、計量受付時に対応する。
(4)サンボ用具レンタルについて
 i.リバーシブルサンボジャケット+シューズ 事前予約:2,000円/日 当日貸し出し:3,000円/日 
 ii.シューズ 事前予約:500円/日 当日貸し出し:1,000円/日
 iii.レンタル期間 大会当日受付から大会終了まで
 ※レンタルサンボ用具はサイズ・数量に限りあり(貸出対応できない場合あり)
 ※ショーツは各自で用意すること
(5)大会参加費・年間登録料・サンボ用具レンタル料振込先
 ジャパンネット銀行 スズメ支店 002 普通 1415791
 一般社団法人日本サンボ連盟(イッパンシャダンホウジンニホンサンボレンメイ)
 ※振込時の留意事項 以下例のように入力したうえ、振込すること。
 複数人での振込入力例:所属名と出場人数 【チーム○○18メイ】
 個人での振込入力例:男子〇〇kg級 【M〇〇サンボタロウ】・女子〇〇㎏級【W〇〇サンボハナコ】
(6)締切
 i.エントリー締切:2019年1月31日(木)必着
 ii.大会参加費・年間登録料等支払い期限:2019年2月4日(月)
(7)注意事項
 指定口座への入金をもってエントリー完了とする。当日の受付では大会参加費、年間登録料の支払いは受け付けない。なお、登録・出場が認められなかった場合を除き、申込締め切り後の返金はできない。

7 その他
 (1)選手は、保険証を持参し参加すること。
 (2)試合前のウォーミングアップは、マット設営終了後許可する。なお、マット使用の中止は大会本部から連絡するので、速やかに行動のこと。
 (3)開会式・閉会式は赤のサンボジャケットを着用すること。
 (4)大会要項に変更があった場合は、当連盟ブログに掲載する。
 (5)個人情報の取り扱いについては、サンボ競技に関する目的以外には使用しない。

8 告知事項
 2019年主要大会日程(予定)
 大会名/開催期間/開催地/大会主催団体
ワールドカップ・ハルランピエフ記念選手権大会/3月20日~25日/ロシア・モスクワ/全ロシアサンボ連盟、FIAS
 全日本ビーチサンボ選手権大会/GW中/未定/日本サンボ連盟、日本ビーチ文化振興協会
 アジア選手権大会/7月/台湾/台湾サンボ&MMA連盟、アジアサンボ連合
 全日本団体選手権大会・東日本選手権大会/7月28日/東京・墨田区総合体育館/日本サンボ連盟
 世界選手権大会/11月7日~11日/韓国・ソウル/韓国サンボ連盟、FIAS
 ※上記国際大会に、本大会の上位選手で日本代表選手としてふさわしい者を優先的に派
遣する。
 ※当該時期の現地情勢等によって、遠征を中止する場合がある。
 ※国際大会出場希望者は事前にパスポートを取得しておくこと

9 大会およびサンボ用具に関する問い合わせ先
 担当:森田 純(モリタ ジュン)
 E-mail:info@japan-sambo.com
 電話:090-6127-4720

大会要項PDF
申込誓約書PDF
オンラインフォーム

【NEWS】「2019プーチン大統領杯第45回全日本サンボ選手権大会」開催の御案内

2018年11月吉日
報道関係者各位

「2019プーチン大統領杯第45回全日本サンボ選手権大会」開催の御案内
兼 2019年国際大会日本代表選手選考会

一般社団法人 日本サンボ連盟    
全日本サンボ選手権大会実行委員会    


拝啓
平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、当連盟はロシア連邦ウラジミール・プーチン大統領の名を冠した「2019プーチン大統領杯第45回全日本サンボ選手権大会」を東京都・墨田区総合体育館において2019年2月10日(日)に開催する運びとなりました。
本大会は、来年3月にロシア・モスクワで開催されるサンボワールドカップ、5月に台湾で開催されるアジアサンボ選手権大会、11月に韓国にて開催される世界サンボ選手権大会等国際大会の日本代表選手の選考会も兼ねております。
つきましては、取材をご希望される際は、下記の要領にて、2019年2月8日(金)までにお知らせくだされば幸いです。
敬具


期日:2019年2月10日(日) 午前10時開会式
会場:墨田区総合体育館武道場 / 東京都墨田区錦糸4−15−1
主催:一般社団法人日本サンボ連盟
後援:在日ロシア連邦大使館
出場選手:男女各9階級 サンボ国際大会メダリスト、柔道、レスリング等からも選手が出場予定

<取材申請先>
一般社団法人日本サンボ連盟 プーチン大統領杯全日本サンボ選手権大会実行委員会
E-mail:info@japan-sambo.com   
※申込締め切り日:2019年2月8日(金)
上記アドレスに、件名を「プーチン杯取材申請」とし、①御社名 ②当日の御来場者名 ③取材代表者の方の電話番号 ④媒体名 ⑤掲載(放送)予定日 を記載したメールをご送信ください。

<お問い合わせ先>
TEL:03-6802-8805 
E-mail:info@japan-sambo.com
以上
プレスリリースPDF
大会要項PDF
申込誓約書PDF
オンラインフォーム

2018年11月26日月曜日

【大会結果】2018年11月25日(日)第6回川口サンボトライアルリーグ結果


主催:川口レスリング連盟
後援:一般社団法人日本サンボ連盟
会場:川口西スポーツセンター

【男子57kg級】
1位:絹川伸太郎

【男子62kg級】
1位:林拓海
2位:糸永直樹

【男子68kg級】
1位:坂下大樹
2位:田場マサオ
3位:黒沼宗孝
4位:松下和広

【男子74kg級】
1位:佐藤一範
2位:草野太智
3位:ランヨウ

【男子82kg級】
1位:及川祐輔
2位:三島博史
3位:宮城正人

【男子+82kg級】
1位:田辺春夫

【最優秀選手賞松嶋杯】
坂下大樹

当連盟より普及委員長安藤喜友、事務局長森田純を派遣しました。
また、大会終了後には技術交流会を主導しました。



2018年11月11日日曜日

【大会結果】11月11日、世界サンボ選手権大会三日目(最終日)

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月11日、大会三日目(最終日)



男子82kg級
1位. BERULAVA Besarioni (ジョージア)
2位. KIRYUKHIN Sergey (ロシア)
3位. YEMELYANAU Tsimafei (ベラルーシ)
3位. BAYANMUNKH Gaajadamba (モンゴル)



明先 俊太郎(日本・M's DOJO)
一回戦
vs MICELI Alessio (イタリア)0-8テクニカル一本負け
MICELI選手二回戦敗退により明先選手敗者復活戦に回れず 

日本代表選手団は全日程を終え、13日に帰国する。

2018年11月10日土曜日

【大会結果】11月10日、世界サンボ選手権大会二日目

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月10日、大会二日目



男子57kg級
1位. CHIDRASHVILI Vakhtangi (ジョージア)
2位. BURDZ Uladzislau (ベラルーシ)
3位. KARIMOV Akmaliddin (タジキスタン)
3位. YANAKOV Borislav (ブルガリア)


馬場 元気(日本・至学館大学)
一回戦
vs YANAKOV Borislav(ブルガリア)1-1テクニカポイント差判定負け
YANAKOV選手準決勝敗退により馬場選手敗者復活戦に回れず 


男子74kg級
1位. SKRYABIN Stanislav (ロシア)
2位. MARKARIAN Georgios (ギリシャ)
3位. KHOJAZODA Behruz (タジキスタン)
3位. GHAZARYAN Arsen (アルメニア)


船橋 虎之介(日本・国士舘大学)
一回戦
シード
二回戦
vs PAPOU Stsiapan(ベラルーシ)アキレス腱固め一本負け
PAPOU選手準々決勝敗退により船橋選手敗者復活戦に回れず

男子100kg級
1位. CHERNOSKULOV Alsim (ロシア)
2位. KAZUSIONAK Andrei (ベラルーシ)
3位. RESKO Viktors (ラトビア)
3位. LORIASHVILI Daviti (ジョージア)



宗村 政輝(日本・東海大学)
一回戦
vs BOLOBAN Andrii(ウクライナ)0-3ポイント判定負け
BOLOBAN選手準々決勝敗退により宗村選手敗者復活戦に回れず

大会三日目出場の男子82kg級明先 俊太郎(M's DOJO)は前日計量をパスした。

2018年11月9日金曜日

【大会結果】11月9日、世界サンボ選手権大会初日

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月9日、大会初日

男子52kg級
1位. KUBARKOV Andrey (ロシア)
2位. KIRAKOSYAN Tigran (アルメニア)
3位. SHAALUU Erdenebaatar (モンゴル)
3位. NADAREISHVILI Givi (ジョージア)



竹田成道(日本・みやざき第3サンボ部)
一回戦
vs SAMADOV Aghasif (アゼルバイジャン)0-9テクニカル一本負け
SAMADOV選手準々決勝敗退により竹田選手敗者復活戦に回れず

男子68kg級
1位. SERIKOV Nurbol (カザフスタン)
2位. HASANOV Emil (アゼルバイジャン)
3位. KLETSKOV Nikita (ロシア)
3位. KOKSHA Aliaksandr (ベラルーシ)


今村誠剛(日本・東海大学)
一回戦
vs ULANOV Nursultan(キルギスタン)0-2ポイント判定負け
ULANOV選手二回戦敗退により今村選手敗者復活戦に回れず

男子90kg級
1位. OGANISYAN David (ロシア)
2位. STSEPANKOU Aliaksei (ベラルーシ)
3位. GERASIMENKO Dmitri (スロベニア)
3位. GHVINIASHVILI Paata (ジョージア)


南條伯彬(日本・東海大学)
一回戦
vs BULEKULOV Faruch(ドイツ)1-3ポイント判定負け
BULEKULOV選手二回戦敗退により南條選手敗者復活戦に回れず

大会二日目出場の男子57kg級馬場元気選手(至学館大学)、74kg級船橋虎之介選手(国士舘大学)、100kg級宗村政輝選手(東海大学)は共に前日計量をパスした。