2020年7月18日土曜日

【大会結果】ロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメント萩原匡平選手優勝!!!

写真提供:FIAS

7月18日(土)、今回が初開催となるロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメントが実施された。

アジア大陸予選を優勝し、決勝トーナメントに進出した日本代表萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)が3試合を制し、68カ国の代表選手の頂点に立った。

本大会の模様は、7月19日(日)よりFIASウエブサイトhttps://sambo.sport/en/news/onlayn-translyatsiya-superfinal-kubka-po-onlayn-sambo/等で放映されている。

2020年7月18日(土)
ロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメント
1位:萩原匡平(日本・ストライプル取手柔術アカデミー)
2位:HORN Julie-Marie(ドイツ)
3位:MAHOUNGOU Mauve Binocha(コンゴ) 
3位:BOURNE Keron(トリニダード・トバゴ)

萩原匡平選手

準々決勝
vs LABRADO Adrian(スペイン)一本勝ち

準決勝
vs MAHOUNGOU Mauve Binocha(コンゴ) 一本勝ち

決勝
vs HORN Julie-Marie(ドイツ)一本勝ち

2020年7月3日金曜日

【大会結果】ロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選:萩原匡平選手優勝

写真提供:FIAS

萩原匡平選手

7月2日から3日にかけてロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選が行われた。日本代表萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)が4試合を勝ち抜きアジア大陸予選を優勝し、16日から始まる本選の出場権を得た。本大会の模様はFIASサイト等で録画中継される。

2020年7月2日ー3日
ロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選
1位:萩原匡平(日本・ストライプル取手柔術アカデミー)
2位:MAHARJAN Sabba rani(ネパール)
3位:JANG Jaehee(韓国)
3位:BAHARI Rio akbar(インドネシア)

萩原匡平選手
1回戦
シード

2回戦
vs NG Benjamin(シンガポール)一本勝ち

準々決勝
vs NANONG Supattra(タイランド)一本勝ち

準決勝
vs JANG Jaehee(韓国)一本勝ち

決勝
vs MAHARJAN Sabba rani(ネパール)一本勝ち

アジア大陸予選組み合わせPDF

2020年7月2日木曜日

【大会情報】ロスネフチオンラインサンボカップ日本代表


当連盟は、ロスネフチオンラインサンボカップ(主催:FIAS)に昨年の世界選手権大会・ワールドカップ代表の萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)を連盟推薦で派遣する。同カップのアジア大陸予選は7月2日に、各大陸の上位入賞が競う本戦は7月16日・17日に行われる。同カップの模様はFIASサイト等で録画中継される。

アジア大陸予選前日となる7月1日に代表者会議と組み合わせ抽選会が開かれ、当連盟事務局長森田純と萩原選手が参加した。1回戦シードとなった同選手は、2回戦でキルギスタン代表vsシンガポール代表の勝者と対戦する。

アジア大陸予選組み合わせPDF

2020年6月24日水曜日

【NEWS】第2回全日本ビーチサンボ選手権大会中止のお知らせ

去る5月25日に、政府が発令した新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う緊急事態宣言は全都道府県で解除されました。

しかしながら未だ同感染症は収束しておりません。

現状を当連盟内で協議した結果、選手および関係者の健康・安全面を最優先とし、同感染症拡大防止の観点から9月20日(日)にいなげの浜海水浴場にて開催を予定しておりました第2回全日本ビーチサンボ選手権大会を中止とさせていただくことにいたしました。

何卒御理解いただきますようお願い申し上げます。

2020年6月22日月曜日

【NEWS】2021年サンボ新階級導入のお知らせ

2021年1月より国際サンボ連盟(FIAS)公認大会のサンボの階級が下記の通り変更される。当連盟では新階級を2021年2月7日(日)開催予定の全日本サンボ選手権大会および全日本ユースサンボ選手権大会(墨田区総合体育館)から導入する。

【男子】
カデット(14~16歳)
9階級:46kg / 49kg / 53kg / 58kg / 64kg / 71kg / 79kg / 88kg / +88kg

ユース(16~18歳)
8階級:53kg / 58kg / 64kg / 71kg / 79kg / 88kg / 98kg / +98kg

ジュニア(19・20歳)
アダルト(18歳~)
7階級:58kg / 64kg / 71kg / 79kg / 88kg / 98kg / +98kg

【女子】
カデット(14~16歳)
9階級:41kg / 44kg / 47kg / 50kg / 54kg / 59kg / 65kg / 72kg / +72kg
ユース(16~18歳)
8階級:47kg / 50kg / 54kg / 59kg / 65kg / 72kg / 80kg / +80kg

ジュニア(19・20歳)
アダルト(18歳~)
7階級:50kg / 54kg / 59kg / 65kg / 72kg / 80kg / +80kg


2020年5月24日日曜日

【NEWS】東アジアサンボ連合総会開催

写真提供:FIAS/SUEA

5月22日、東アジアサンボ連合(Sambo Union of East Asia)の総会が当連盟の要請を基に、オンラインで開催された。

参加国は下記の通り。

日本
韓国
モンゴル
台湾
香港
マカオ

当連盟からは会長の近藤正明、事務局長の森田純が参加した。

総会冒頭、近藤が総会招集の趣旨を説明し、2018年11月より空位となっていた同連合の会長に韓国サンボ連盟名誉会長で同連合前会長の文氏を推薦した。

文氏の推薦が満場一致で承認され、同氏も同連合会長就任を承諾したため、同氏が同連合会長に再任された。

そして同氏より同連合をNPO法人として韓国で登記すること、ウエブサイトを作成し、情報発信につとめることなどが表明された。

その後、各国より現状報告、そして今後の同連合主催の東アジア選手権大会や会議日程など東アジア地区でのサンボ普及発展に向けて、活発な議論が行われた。

関連記事
FIAS: SUEA CONGRESS TOOK PLACE ONLINE
https://sambo.sport/en/news/kongress-suea-proshel-onlayn/

2020年4月30日木曜日

【NEWS】サンボ国際大会秋まで延期

4月29日、国際サンボ連盟 (FIAS)は新型コロナウイルス感染症感染拡大に鑑み、国際オリンピック委員会(IOC)および世界保健機関(WHO)の勧告に基づき、全ての国際大会の開催を秋まで延期することを公式サイトで発表した。