2018年11月11日日曜日

【大会速報】11月11日、世界サンボ選手権大会三日目(最終日)

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月11日、大会三日目(最終日)



男子82kg級
1位. BERULAVA Besarioni (ジョージア)
2位. KIRYUKHIN Sergey (ロシア)
3位. YEMELYANAU Tsimafei (ベラルーシ)
3位. BAYANMUNKH Gaajadamba (モンゴル)



明先 俊太郎(日本・M's DOJO)
一回戦
vs MICELI Alessio (イタリア)0-8テクニカル一本負け
MICELI選手二回戦敗退により明先選手敗者復活戦に回れず 

日本代表選手団は全日程を終え、13日に帰国する。

2018年11月10日土曜日

【大会速報】11月10日、世界サンボ選手権大会二日目

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月10日、大会二日目



男子57kg級
1位. CHIDRASHVILI Vakhtangi (ジョージア)
2位. BURDZ Uladzislau (ベラルーシ)
3位. KARIMOV Akmaliddin (タジキスタン)
3位. YANAKOV Borislav (ブルガリア)


馬場 元気(日本・至学館大学)
一回戦
vs YANAKOV Borislav(ブルガリア)1-1テクニカポイント差判定負け
YANAKOV選手準決勝敗退により馬場選手敗者復活戦に回れず 


男子74kg級
1位. SKRYABIN Stanislav (ロシア)
2位. MARKARIAN Georgios (ギリシャ)
3位. KHOJAZODA Behruz (タジキスタン)
3位. GHAZARYAN Arsen (アルメニア)


船橋 虎之介(日本・国士舘大学)
一回戦
シード
二回戦
vs PAPOU Stsiapan(ベラルーシ)アキレス腱固め一本負け
PAPOU選手準々決勝敗退により船橋選手敗者復活戦に回れず

男子100kg級
1位. CHERNOSKULOV Alsim (ロシア)
2位. KAZUSIONAK Andrei (ベラルーシ)
3位. RESKO Viktors (ラトビア)
3位. LORIASHVILI Daviti (ジョージア)



宗村 政輝(日本・東海大学)
一回戦
vs BOLOBAN Andrii(ウクライナ)0-3ポイント判定負け
BOLOBAN選手準々決勝敗退により宗村選手敗者復活戦に回れず

大会三日目出場の男子82kg級明先 俊太郎(M's DOJO)は前日計量をパスした。

2018年11月9日金曜日

【大会結果】11月9日、世界サンボ選手権大会初日

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月9日、大会初日

男子52kg級
1位. KUBARKOV Andrey (ロシア)
2位. KIRAKOSYAN Tigran (アルメニア)
3位. SHAALUU Erdenebaatar (モンゴル)
3位. NADAREISHVILI Givi (ジョージア)



竹田成道(日本・みやざき第3サンボ部)
一回戦
vs SAMADOV Aghasif (アゼルバイジャン)0-9テクニカル一本負け
SAMADOV選手準々決勝敗退により竹田選手敗者復活戦に回れず

男子68kg級
1位. SERIKOV Nurbol (カザフスタン)
2位. HASANOV Emil (アゼルバイジャン)
3位. KLETSKOV Nikita (ロシア)
3位. KOKSHA Aliaksandr (ベラルーシ)


今村誠剛(日本・東海大学)
一回戦
vs ULANOV Nursultan(キルギスタン)0-2ポイント判定負け
ULANOV選手二回戦敗退により今村選手敗者復活戦に回れず

男子90kg級
1位. OGANISYAN David (ロシア)
2位. STSEPANKOU Aliaksei (ベラルーシ)
3位. GERASIMENKO Dmitri (スロベニア)
3位. GHVINIASHVILI Paata (ジョージア)


南條伯彬(日本・東海大学)
一回戦
vs BULEKULOV Faruch(ドイツ)1-3ポイント判定負け
BULEKULOV選手二回戦敗退により南條選手敗者復活戦に回れず

大会二日目出場の男子57kg級馬場元気選手(至学館大学)、74kg級船橋虎之介選手(国士舘大学)、100kg級宗村政輝選手(東海大学)は共に前日計量をパスした。

【NEWS】11月8日、世界サンボ選手権大会大会前日




11月8日、世界サンボ選手権大会日本代表選手団はロンドン経由で開催地ルーマニア・ブカレスト入りした。航空機遅延のアクシデントにより予定より1日遅れの入国となった。

コンディションが心配されたが、大会初日出場の男子52kg級竹田成道選手(みやざき第3サンボ部)、男子68kg級今村誠剛選手(東海大学)、男子90kg級南條 伯彬(東海大学)は共に前日計量をパスした。

大会の模様は予選が日本時間9日17:00より国際サンボ連盟ウェブサイトで、決勝はオリンピックチャンネルで25:00からオンライン放送される予定。

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)11月9日大会初日試合予定
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)11月10日大会二日目試合予定
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)11月10日大会二日目試合予定
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)11月11日大会最終日試合予定
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)11月10日大会二日目試合予定

2018年11月7日水曜日

【NEWS】世界サンボ選手権大会日本代表選手団渡羅


11月7日、世界サンボ選手権大会日本代表選手団は開催地ルーマニア・ブカレストに向け成田空港を発った。大会は9日から始まり、男子スポーツサンボに7選手がエントリーしている。

本大会の模様は国際サンボ連盟ウェブサイトで予選が、オリンピックチャンネルで決勝がオンライン放送される予定になっている。

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)11月9日大会初日試合予定
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)11月10日大会二日目試合予定
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)11月10日大会二日目試合予定
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)11月11日大会最終日試合予定
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)11月10日大会二日目試合予定

2018年11月5日月曜日

【訃報】ビクトル古賀日本サンボ連盟顧問逝去


日本にサンボを広めた第一人者で当連盟顧問の古賀正一/ビクトル古賀氏が、11月3日逝去されました。
享年83歳。ここに謹んで哀悼の意を表します。

なお、通夜・告別式は近親者のみで執り行われます。

問い合わせ
info@japan-sambo.com

2018年10月27日土曜日

【NEWS】2018年世界サンボ選手権大会日本代表選手強化練習会




10月27日(土)、東京町田市GOKITA-GYMにて2018年世界サンボ選手権大会日本代表選手強化練習会が行われた。全代表選手が参加し、当連盟副会長伊田忠富、当連盟強化委員長松本秀彦、同遠征日本代表監督五木田勝が講師を務めた。当連盟会長近藤正明に激励された同遠征団は、11月7日に大会開催地のルーマニア・ブカレストに向け出発する。

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta
競技日程:2018年11月9日(金)~11日(日)
遠征日程:2018年11月7日(水)~13日(火)

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)