2020年7月18日土曜日

【大会結果】ロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメント萩原匡平選手優勝!!!

写真提供:FIAS

7月18日(土)、今回が初開催となるロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメントが実施された。

アジア大陸予選を優勝し、決勝トーナメントに進出した日本代表萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)が3試合を制し、68カ国の代表選手の頂点に立った。

本大会の模様は、7月19日(日)よりFIASウエブサイトhttps://sambo.sport/en/news/onlayn-translyatsiya-superfinal-kubka-po-onlayn-sambo/等で放映されている。

2020年7月18日(土)
ロスネフチオンラインサンボカップ決勝トーナメント
1位:萩原匡平(日本・ストライプル取手柔術アカデミー)
2位:HORN Julie-Marie(ドイツ)
3位:MAHOUNGOU Mauve Binocha(コンゴ) 
3位:BOURNE Keron(トリニダード・トバゴ)

萩原匡平選手

準々決勝
vs LABRADO Adrian(スペイン)一本勝ち

準決勝
vs MAHOUNGOU Mauve Binocha(コンゴ) 一本勝ち

決勝
vs HORN Julie-Marie(ドイツ)一本勝ち

2020年7月3日金曜日

【大会結果】ロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選:萩原匡平選手優勝

写真提供:FIAS

萩原匡平選手

7月2日から3日にかけてロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選が行われた。日本代表萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)が4試合を勝ち抜きアジア大陸予選を優勝し、16日から始まる本選の出場権を得た。本大会の模様はFIASサイト等で録画中継される。

2020年7月2日ー3日
ロスネフチオンラインサンボカップアジア大陸予選
1位:萩原匡平(日本・ストライプル取手柔術アカデミー)
2位:MAHARJAN Sabba rani(ネパール)
3位:JANG Jaehee(韓国)
3位:BAHARI Rio akbar(インドネシア)

萩原匡平選手
1回戦
シード

2回戦
vs NG Benjamin(シンガポール)一本勝ち

準々決勝
vs NANONG Supattra(タイランド)一本勝ち

準決勝
vs JANG Jaehee(韓国)一本勝ち

決勝
vs MAHARJAN Sabba rani(ネパール)一本勝ち

アジア大陸予選組み合わせPDF

2020年7月2日木曜日

【大会情報】ロスネフチオンラインサンボカップ日本代表


当連盟は、ロスネフチオンラインサンボカップ(主催:FIAS)に昨年の世界選手権大会・ワールドカップ代表の萩原匡平選手(ストライプル取手柔術アカデミー)を連盟推薦で派遣する。同カップのアジア大陸予選は7月2日に、各大陸の上位入賞が競う本戦は7月16日・17日に行われる。同カップの模様はFIASサイト等で録画中継される。

アジア大陸予選前日となる7月1日に代表者会議と組み合わせ抽選会が開かれ、当連盟事務局長森田純と萩原選手が参加した。1回戦シードとなった同選手は、2回戦でキルギスタン代表vsシンガポール代表の勝者と対戦する。

アジア大陸予選組み合わせPDF