2018年11月11日日曜日

【大会速報】11月11日、世界サンボ選手権大会三日目(最終日)

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月11日、大会三日目(最終日)



男子82kg級
1位. BERULAVA Besarioni (ジョージア)
2位. KIRYUKHIN Sergey (ロシア)
3位. YEMELYANAU Tsimafei (ベラルーシ)
3位. BAYANMUNKH Gaajadamba (モンゴル)



明先 俊太郎(日本・M's DOJO)
一回戦
vs MICELI Alessio (イタリア)0-8テクニカル一本負け
MICELI選手二回戦敗退により明先選手敗者復活戦に回れず 

日本代表選手団は全日程を終え、13日に帰国する。

2018年11月10日土曜日

【大会速報】11月10日、世界サンボ選手権大会二日目

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月10日、大会二日目



男子57kg級
1位. CHIDRASHVILI Vakhtangi (ジョージア)
2位. BURDZ Uladzislau (ベラルーシ)
3位. KARIMOV Akmaliddin (タジキスタン)
3位. YANAKOV Borislav (ブルガリア)


馬場 元気(日本・至学館大学)
一回戦
vs YANAKOV Borislav(ブルガリア)1-1テクニカポイント差判定負け
YANAKOV選手準決勝敗退により馬場選手敗者復活戦に回れず 


男子74kg級
1位. SKRYABIN Stanislav (ロシア)
2位. MARKARIAN Georgios (ギリシャ)
3位. KHOJAZODA Behruz (タジキスタン)
3位. GHAZARYAN Arsen (アルメニア)


船橋 虎之介(日本・国士舘大学)
一回戦
シード
二回戦
vs PAPOU Stsiapan(ベラルーシ)アキレス腱固め一本負け
PAPOU選手準々決勝敗退により船橋選手敗者復活戦に回れず

男子100kg級
1位. CHERNOSKULOV Alsim (ロシア)
2位. KAZUSIONAK Andrei (ベラルーシ)
3位. RESKO Viktors (ラトビア)
3位. LORIASHVILI Daviti (ジョージア)



宗村 政輝(日本・東海大学)
一回戦
vs BOLOBAN Andrii(ウクライナ)0-3ポイント判定負け
BOLOBAN選手準々決勝敗退により宗村選手敗者復活戦に回れず

大会三日目出場の男子82kg級明先 俊太郎(M's DOJO)は前日計量をパスした。

2018年11月9日金曜日

【大会結果】11月9日、世界サンボ選手権大会初日

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta

11月9日、大会初日

男子52kg級
1位. KUBARKOV Andrey (ロシア)
2位. KIRAKOSYAN Tigran (アルメニア)
3位. SHAALUU Erdenebaatar (モンゴル)
3位. NADAREISHVILI Givi (ジョージア)



竹田成道(日本・みやざき第3サンボ部)
一回戦
vs SAMADOV Aghasif (アゼルバイジャン)0-9テクニカル一本負け
SAMADOV選手準々決勝敗退により竹田選手敗者復活戦に回れず

男子68kg級
1位. SERIKOV Nurbol (カザフスタン)
2位. HASANOV Emil (アゼルバイジャン)
3位. KLETSKOV Nikita (ロシア)
3位. KOKSHA Aliaksandr (ベラルーシ)


今村誠剛(日本・東海大学)
一回戦
vs ULANOV Nursultan(キルギスタン)0-2ポイント判定負け
ULANOV選手二回戦敗退により今村選手敗者復活戦に回れず

男子90kg級
1位. OGANISYAN David (ロシア)
2位. STSEPANKOU Aliaksei (ベラルーシ)
3位. GERASIMENKO Dmitri (スロベニア)
3位. GHVINIASHVILI Paata (ジョージア)


南條伯彬(日本・東海大学)
一回戦
vs BULEKULOV Faruch(ドイツ)1-3ポイント判定負け
BULEKULOV選手二回戦敗退により南條選手敗者復活戦に回れず

大会二日目出場の男子57kg級馬場元気選手(至学館大学)、74kg級船橋虎之介選手(国士舘大学)、100kg級宗村政輝選手(東海大学)は共に前日計量をパスした。

【NEWS】11月8日、世界サンボ選手権大会大会前日




11月8日、世界サンボ選手権大会日本代表選手団はロンドン経由で開催地ルーマニア・ブカレスト入りした。航空機遅延のアクシデントにより予定より1日遅れの入国となった。

コンディションが心配されたが、大会初日出場の男子52kg級竹田成道選手(みやざき第3サンボ部)、男子68kg級今村誠剛選手(東海大学)、男子90kg級南條 伯彬(東海大学)は共に前日計量をパスした。

大会の模様は予選が日本時間9日17:00より国際サンボ連盟ウェブサイトで、決勝はオリンピックチャンネルで25:00からオンライン放送される予定。

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)11月9日大会初日試合予定
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)11月10日大会二日目試合予定
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)11月10日大会二日目試合予定
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)11月11日大会最終日試合予定
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)11月10日大会二日目試合予定

2018年11月7日水曜日

【NEWS】世界サンボ選手権大会日本代表選手団渡羅


11月7日、世界サンボ選手権大会日本代表選手団は開催地ルーマニア・ブカレストに向け成田空港を発った。大会は9日から始まり、男子スポーツサンボに7選手がエントリーしている。

本大会の模様は国際サンボ連盟ウェブサイトで予選が、オリンピックチャンネルで決勝がオンライン放送される予定になっている。

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)11月9日大会初日試合予定
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)11月10日大会二日目試合予定
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)11月10日大会二日目試合予定
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)11月11日大会最終日試合予定
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)11月9日大会初日試合予定
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)11月10日大会二日目試合予定

2018年11月5日月曜日

【訃報】ビクトル古賀日本サンボ連盟顧問逝去


日本にサンボを広めた第一人者で当連盟顧問の古賀正一/ビクトル古賀氏が、11月3日逝去されました。
享年83歳。ここに謹んで哀悼の意を表します。

なお、通夜・告別式は近親者のみで執り行われます。

問い合わせ
info@japan-sambo.com

2018年10月27日土曜日

【NEWS】2018年世界サンボ選手権大会日本代表選手強化練習会




10月27日(土)、東京町田市GOKITA-GYMにて2018年世界サンボ選手権大会日本代表選手強化練習会が行われた。全代表選手が参加し、当連盟副会長伊田忠富、当連盟強化委員長松本秀彦、同遠征日本代表監督五木田勝が講師を務めた。当連盟会長近藤正明に激励された同遠征団は、11月7日に大会開催地のルーマニア・ブカレストに向け出発する。

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta
競技日程:2018年11月9日(金)~11日(日)
遠征日程:2018年11月7日(水)~13日(火)

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)

2018年10月21日日曜日

【NEWS】2018年東アジアサンボ選手権大会日本代表選手団結果

10月20日(土)、台湾・台中市体育館にて2018東アジアサンボ選手権大会大会初日が行われた。日本代表選手は金2個、銀1個、銅1個と全選手がメダルを獲得した。


男子シニア68kg級
1位:今村誠剛(日本・東海大学)
2位:Ting Kao(台湾)
3位:黒沼宗孝(日本・三多摩サンボスクール)

今村誠剛選手
リーグ戦
vs Ka yip Lau(香港)腕挫十字固一本勝ち
vs 黒沼宗孝 8-0 テクニカル一本勝ち
vs Ting Kao 3-0 ポイント判定勝ち
今村選手、リーグ戦3勝0敗で優勝、金メダル獲得

黒沼宗孝選手
リーグ戦
vs Ka yip Lau 7-1 ポイント判定勝ち   
vs 今村誠剛 0-8 テクニカル一本負け 
vs Ting Kao 0-8 テクニカル一本負け 
黒沼選手、リーグ戦1勝2敗で3位、銅メダル獲得 


男子シニア82kg級
1位:及川祐輔(日本・三多摩サンボスクール) 
2位:莊凱任(台湾)

及川祐輔選手
決勝
vs 莊凱任 腕挫十字固一本勝ち
及川選手、金メダル獲得


男子ティーンエイジャー54kg級
1位:Jing-siang Lin(台湾)
2位:眞城晴斗(日本・三多摩サンボスクール)
3位:Yuany-hao Tien(台湾)

眞城晴斗選手
リーグ戦
vs Jing-siang Lin 0-8 テクニカル一本負け
vs Yuany-hao Tien 4-0 ポイント判定勝ち
眞城選手、リーグ戦1勝1敗、銀メダル獲得


2018年10月19日金曜日

【NEWS】2018年東アジアサンボ選手権大会日本代表選手団渡台

10月19日、2018年東アジアサンボ選手権大会日本代表選手団が羽田空港より渡台した。
大会は20日・21日と台中市体育館で行われ、20日に競技となる日本代表選手は皆前日計量をパスした。

また、東アジアサンボ連合総会も開催され、同地域のサンボ普及・発展に関する意見交換が行われた。同総会には当連盟から会長近藤正明、事務局長森田純が参加した。





大 会 名:2018東アジアサンボ選手権大会
主  催:東アジアサンボ連合・台湾サンボ&MMA連盟
大会会場:台湾・台中市体育館
競技日程:2018年10月20日(土)~21日(日)
遠征日程:2018年10月19日(金)~22日(月)

【日本代表選手団】
監督:近藤正明(当連盟会長)

男子シニア68kg級:今村誠剛(東海大学) ※10月20日大会初日出場
男子シニア68kg級:黒沼宗孝(三多摩サンボスクール) ※10月20日大会初日出場
男子シニア82kg級:及川祐輔(三多摩サンボスクール) ※10月20日大会初日出場

男子ティーンエイジャー54kg級:眞城晴斗(三多摩サンボスクール) ※10月20日大会初日出場

レフリー:森田純(当連盟事務局長)

2018年10月18日木曜日

【NEWS】サンボ地方大会情報

大会名:第4回西日本サンボ選手権大会
期 日:2018年10月28日(日)
会 場:日進市立赤池小学校体育館(愛知県日進市赤池3-2101)
主 催:日進市体育協会
主 幹:愛知県サンボ連盟、日進市レスリング協会
後 援:一般社団法人日本サンボ連盟、山田スポーツクラブ
階 級:男子52, 57, 62, 68, 74, 82, 90, 100, +100kg級
    女子 48, 52, 56, 60, 64, 68, 72, 80, +80kg級
参加資格:高校生以上で、2018年度スポーツ保険に加入済みの者
参加費:1,500円
問い合わせ:kami8135@gmail.com
大会要項PDF
参加申込書PDF
参加申込書Excel

大会名:第6回川口サンボトライアルリーグ
期 日:2018年11月25日(日)
会 場:川口西スポーツセンター(埼玉県川口市川口6-9-29)
主 催:川口レスリング連盟
後 援:一般社団法人日本サンボ連盟
階 級:男子57, 62, 68, 74, 82, +82kg級
参加資格:高校生以上の男子
参加費:無料
問い合わせ:kawaguchiwrestling@gmail.com
大会要項
大会要項PDF
オンラインフォーム

大会名:第27回 青森県サンボ選手権大会 オープントーナメント
期 日:2018年12月2日(日)
会 場:八戸市武道館レスリング場(青森県八戸市大字糠塚字下屋敷9-1)
主 催:青森県サンボ協会
協 力:一般社団法人日本サンボ連盟、パラエストラ八戸、八戸工業大学、ハイブリッドレスリング八戸
階 級:男子62、68、74、82、+82㎏級
    女子無差別級(出場者に応じて適宜設定)
参加費:18歳以上3,500円、高校生以下2,500円
問い合わせ:aomorisamboass@yahoo.co.jp
大会要項PDF
大会申込書PDF

2018年10月11日木曜日

【NEWS】2018世界サンボ選手権大会日本代表選手団

大 会 名:2018年世界サンボ選手権大会
主  催:国際サンボ連盟・ルーマニアサンボ連盟
大会会場:ルーマニア・ブカレストSala Polivalenta
競技日程:2018年11月9日(金)~11日(日)
遠征日程:2018年11月7日(水)~13日(火)

【日本代表選手団】
監督:五木田勝(当連盟理事)
コーチ・総務:森田純(当連盟事務局長)

男子52kg級 竹田 成道(みやざき第3サンボ部)
男子57kg級 馬場 元気(至学館大学)
男子68kg級 今村 誠剛(東海大学)
男子74kg級 船橋 虎之介(国士舘大学)
男子82kg級 明先 俊太郎(M's DOJO)
男子90kg級 南條 伯彬(東海大学)
男子100kg級 宗村 政輝(東海大学)


【強化練習会】
10月27日(土)13:00~
会場:GOKITA-GYM
 〒194-0022 東京都町田市 森野1丁目10−6 パークビルB1F-A

強化練習会参加資格
・2018年世界サンボ選手権大会日本代表選手
・歴代全日本サンボ選手権大会メダリスト
・当連盟強化委員会の推薦を受けた者

【問い合わせ】
info@japan-sambo.com
担当:森田純

【NEWS】2018年東アジアサンボ選手権大会日本代表選手団

大 会 名:2018東アジアサンボ選手権大会
主  催:東アジアサンボ連合・台湾サンボ&MMA連盟
大会会場:台湾・台中市体育館 ※大会会場変更となりました。
競技日程:2018年10月20日(土)~21日(日)
遠征日程:2018年10月19日(金)~22日(月)

【日本代表選手団】
監督:近藤正明(当連盟会長)

男子シニア68kg級:今村誠剛(東海大学)
男子シニア68kg級:黒沼宗孝(三多摩サンボスクール)
男子シニア82kg級:及川祐輔(三多摩サンボスクール)

男子ティーンエイジャー54kg級:眞城晴斗(三多摩サンボスクール)

レフリー:森田純(当連盟事務局長)

【強化練習会】
10月13日(土)19:00~21:00
会場:SUBARU総合スポーツセンター 武道場 畳スペース北側
10月15日(月)19:00~20:40
会場:川口西スポーツセンター

強化練習会参加資格
・2018年東アジアサンボ選手権大会日本代表選手
・歴代全日本サンボ選手権大会メダリスト
・当連盟強化委員会の推薦を受けた者

【問い合わせ】
info@japan-sambo.com
担当:森田 純

2018年9月9日日曜日

【大会結果】2018年9月9日FIAS会長杯サンボ選手権大会結果

大会名:FIAS会長杯サンボ選手権大会
主 催:韓国サンボ連盟・FIAS(国際サンボ連盟)
開催地:韓国・仁川市(開催地変更となりました)

【男子57kg級】
1位 AKHMEDJANOV Islom(ウズベキスタン)
2位 瀬古賢伸(日本・至学館大学)
3位 KIM Seul bin(韓国)

瀬古賢伸選手
リーグ戦第1試合
vs AKHMEDJANOV Islom(ウズベキスタン)反則負け
リーグ戦第3試合
vs KIM Seul bin(韓国)8-0テクニカル一本勝ち
瀬古選手銀メダル獲得

写真提供:国際サンボ連盟

【男子62kg級】
1位 LUCAS Bertholon(フランス)
2位 KIM Vladislav(ロシア)
3位 小松凌介(日本・厚木市立睦合東中学校教諭)
3位 YOO Sujin(韓国)

小松凌介選手
準々決勝
 シード
準決勝
 vs LUCAS Bertholon(フランス) 1-2ポイント判定負け
小松選手銅メダル獲得

【男子74kg級】
1位 出花崇太郎(日本・総合格闘技道場コブラ会)
2位 JANG Jae Hee(韓国)
3位 KAO Ting(台湾)
3位 LI Chi(香港)

出花崇太郎選手
準々決勝
 vs WU Chun(香港)腕挫十字固一本勝ち
準決勝
 vs KAO Ting(台湾)腕挫十字固一本勝ち
決勝
 vs JANG Jae Hee(韓国)6-3ポイント判定勝ち
出花選手金メダル獲得

【男子90kg級】
1位 JUMMAEV Farrukh(ウズベキスタン)
2位 AN Cheoluaeng(韓国)
3位 南條伯彬(日本・東海大学)
3位 NG Cheuk(香港)

南條伯彬選手
準々決勝
 vs CHUANG Kai-jen(台湾)7-1ポイント判定勝ち
準決勝
 vs JUMMAEV Farrukh(ウズベキスタン)3-5ポイント判定負け
南條選手銅メダル獲得



【男子100kg級】
1位 PAK Sergey(カザフスタン)
2位 宗村政輝(日本・東海大学)
3位 KIM Jusung(韓国)

宗村政輝選手
リーグ戦第1試合
 vs PAK Sergey(カザフスタン)0-6ポイント判定負け
リーグ戦第3試合
 vs KIM Jusung(韓国)6-4ポイント判定勝ち
宗村選手銀メダル獲得


写真左から
小松凌介、南條伯彬、瀬古賢伸、伊田忠富、宗村政輝、出花崇太郎(敬称略)

2018年9月2日日曜日

【NEWS】2018年9月2日2018アジア競技大会サンボ競技日本代表選手団滞在7日目

9月2日、前日に全競技日程を終えた2018アジア競技大会サンボ競技日本代表選手団は同競技大会閉会式に参加した。





選手村に貼られた富菜月選手(至学館大学)女子68kg級銅メダル獲得の告知

同選手団は9月3日未明に選手村をチェックアウトし、同日帰国する。

次回のアジア競技大会は中国杭州市において2022年9月に開催される。

2018年9月1日土曜日

【競技結果】2018年9月1日2018アジア競技大会サンボ競技:競技二日目

9月1日、ジャカルタコンベンションセンターにてアジア競技大会サンボ競技競技二日目(最終日)が行われた。

男子90kg級、女子68kg級の2階級が行われ、男子90kg級日本代表の佐藤陽介選手(高輪中学高等学校)は二回戦で優勝したKHOLMAMATOV Kamoliddinq選手 (ウズベキスタン)、敗者復活戦一回戦でAMIRKHANI Iraj選手(イラン)に破れ、敗退した。

女子68kg級日本代表の富菜月選手(至学館大学)は、準決勝で優勝したKURYSHBAYEVA Dildash(カザフスタン)選手に破れたものの敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦を制し銅メダルを獲得した。

各階級の結果は下記の通り。

【男子90kg級】<組み合わせ表PDF
1位 KHOLMAMATOV Kamoliddinq(ウズベキスタン)
2位 KHASANBEKOV Umed(タジキスタン)
3位 ZEKENOV Alibek(カザフスタン)
3位 USTOPIRIYON Komronshoh (タジキスタン)

佐藤陽介選手(高輪中学高等学校教諭)

一回戦
 vs AZAR Steven(レバノン)2-0ポイント判定勝ち
二回戦
 vs KHOLMAMATOV Kamoliddinq (ウズベキスタン/1位)0-3ポイント判定負け
   ※KHOLMAMATOV選手準決勝進出により佐藤選手敗者復活戦進出
敗者復活戦一回戦
 vs AMIRKHANI Iraj(イラン)0-3ポイント判定負け


【女子68kg級】<組み合わせ表PDF
1位 KURYSHBAYEVA Dildash(カザフスタン)
2位 DAVLETOVA Nilufar(ウズベキスタン)
3位 富菜月(日本・至学館大学)
3位 TSOG-OCHIR Battsetseg(モンゴル)

富菜月選手(至学館大学)
一回戦
 シード
二回戦
 vs SOMCHING Saitan(タイ)8-0テクニカル一本勝ち
準々決勝
 vs KURYSHBAYEVA Dildash(カザフスタン/1位)0-2ポイント判定負け
   ※KURYSHBAYEVA選手準決勝進出により富選手敗者復活戦進出
敗者復活戦一回戦
 vs ESTEBESOVA Arana(キルギス共和国)4-0ポイント判定勝ち
敗者復活戦二回戦
 vs ISMATOVA Gulmira(ウズベキスタン)押さえ込み時参ったによる一本勝ち
3位決定戦
 vs KUDAROVA Dinara(カザフスタン)3-1ポイント判定勝ち
  富選手銅メダル獲得





富菜月選手

松本秀彦監督と

公式結果
https://en.asiangames2018.id/schedule-results/sport/sambo/

写真左から吉澤昌、佐藤陽介、佐藤陽介、富菜月、松本秀彦、森田純(敬称略)

競技役員記念写真

2018年8月31日金曜日

【競技結果】2018年8月31日2018アジア競技大会サンボ競技:競技初日

8月31日、ジャカルタコンベンションセンターにてアジア競技大会サンボ競技競技初日が行われた。

男子52kg級および女子48kg級が行われ、男子52kg級に出場した日本代表山本晃太選手(北海道柔道整復専門学校)は7位に入賞した。結果は下記の通り。

【男子52kg級】
1位 IBRAGIM Baglan(カザフスタン)
2位 SHAALUU Erdenebaatar(モンゴル)
3位 KANZHANOV Beimbet(カザフスタン)
3位 RAKHMATILLOEV Akhmad(ウズベキスタン)
5位 DZHOMII Khasani(タジキスタン)
5位 AKHMEDJANOV Islom(ウズベキスタン)
7位 山本晃太(日本・北海道柔道整復専門学校)
7位 GHUSN Munir(シリア)

山本晃太選手
一回戦
 シード
二回戦
 vs GURTGELDIYEV Gurtgeldi(トルクメニスタン)3-1ポイント勝利
準々決勝
 vs KANZHANOV Beimbet(カザフスタン/1位)腕挫十字固一本負け
   KANZHANOV選手準決勝進出により山本選手敗者復活戦進出
敗者復活戦一回戦
 vs AKHMEDJANOV Islom(ウズベキスタン/3位)膝十字固一本負け



【女子48kg級】
1位 GANBAATAR Narantsetseg(モンゴル)
2位 BAASANSUREN Oidovchimed(モンゴル)
3位 GULOVA Nodira(ウズベキスタン)
3位 ZHYLKYBAYEVA Aizhan(カザフスタン)

翌9月1日には、同競技二日目(最終日)が行われ、男子90kg級と女子68kg級が行われる。日本からは男子90kg級に佐藤陽介選手(高輪中学高等学校教諭)、女子68kg級に富菜月選手(至学館大学)が出場する。競技開始は日本時間12:00。結果は下記サイトでリアルタイムで速報される。
https://en.asiangames2018.id/schedule-results/sport/sambo/

【男子90kg級】
佐藤陽介選手(高輪中学高等学校教諭)
一回戦
 vs AZAR Steven(レバノン)
組み合わせ表PDF

【女子68kg級】
富菜月選手(至学館大学)
一回戦
 シード
二回戦
 vs SOMCHING Saitan(タイ)
組み合わせ表PDF

競技会場にて
写真左から松本秀彦、佐藤陽介、山本晃太、森田純、富菜月、吉澤昌(敬称略)

【NEWS】2018年8月31日2018アジア競技大会サンボ競技日本代表選手団滞在5日目:競技初日

8月31日、アジア競技大会で初めてサンボ競技が行われる。

日本代表山本晃太選手(北海道柔道整復専門学校)が出場する男子52kg級は日本時間の17:00より予選が開始される予定。

結果は下記サイトでリアルタイムで速報されることになっている。
https://en.asiangames2018.id/schedule-results/sport/sambo/

8月31日(金)競技初日
男子52kg級
山本晃太選手
一回戦
 シード
二回戦
 vs GURTGELDIYEV Gurtgeldi(トルクメニスタン)
男子52kg級組み合わせPDF

女子48kg級組み合わせPDF

2018年8月30日木曜日

【NEWS】2018年8月30日 2018アジア競技大会サンボ競技日本代表選手団滞在4日目:男子52kg級代表山本晃太選手計量パス! 各階級組み合わせ決まる

8月30日、翌31日に行われるサンボ競技初日に出場する男子52kg級と女子48kg級選手の計量が行われた。

男子52kg級日本代表の山本晃太選手(北海道柔道整復専門学校)は計量をパスした。

その後、監督会議および組み合わせ抽選が行われた。

確定した日本代表選手の組み合わせは下記の通り。

8月31日(金)競技初日
男子52kg級
山本晃太選手
一回戦
 シード
二回戦
 vs GURTGELDIYEV Gurtgeldi(トルクメニスタン)
<組み合わせPDF>


9月1日(土)競技二日目
男子90kg級
佐藤陽介選手(高輪中学高等学校教諭)
一回戦
 vs AZAR Steven(レバノン)


女子68kg級
富菜月選手(至学館大学)
一回戦
 シード
二回戦
 vs SOMCHING Saitan(タイ)